HOME > スーパーテクニシャン > リムーバブルワーク-REMOVABLE WORK- 釜埜充裕
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
リムーバブルワーク -REMOVABLE WORK-
REMOVABLE WORK 末藤 大輔
歯科技工士を目指したきっかけ
 高校卒業後の進路が決まっておらず、母からの「歯科技工士という素晴らしい職業があるよ」という言葉がきっかけで歯科技工士という職業を知りました。物を造ることが好きでしたし、これから高齢化社会になるにあたり手に職(技術)を付けられるやりがいのある仕事だと思いました。

入社当時の思い出
 専門学校の夜間部への入学と同時に当社に入社し、金属床を研磨するときに発する「キーン・キーン」という高音が耳に突き刺さるのが第一印象でした。
 歯科技工士の資格を取得して午前中は、ひたすらサンドブラスト作業をおこない、午後からは上顎フルプレートを1床任せていただき、研磨の際にプレートを削り過ぎては毎回「考えて研磨しろっ!!」と叱られていました。しかし、慣れて綺麗に研磨ができるようになってくると、任される内容も濃くなっていきました。当時、超精密金属床の繊細な作業を担当していた上司から1床手渡され「1日かかってもいいからこの仕事をやってみろ、任せたぞ!!」と言って任せていただいたときは、最高に嬉しかったことを今でも忘れません。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
 目指せる上司との出会いがきっかけでした。この人のようなテクニシャンになりたいと思えるくらい強い魅力があり、その気持ちがどんどん私を成長させてくれたと思います。追い越すことはできないにしても近づくことはできると考えながら、技術・知識の習得に専念してきました。自分自身が上司を目標にしていたのと同じように、後輩から 目標とされるようなテクニシャンになりたいと考えています。


歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど
 同僚から「末藤さん、祖母に金属床を入れてあげたいので作っていただけますか?」と言われて製作した際、セット後に大満足していただき、とても嬉しかったのを覚えています。また、先生方や営業員から「末藤さんの作った金属床はいいね!!」と言われることがやはり一番嬉しいですね。
さらなる目標、夢
 現在、広島センターでは中国地区の金属床拡販に力を入れています。スーパーテクニシャンによる講演会やスタッフセミナーを開催し、金属床の魅力を伝えるための活動に努めています。また、金属床担当の人員を増やし、新人育成に力を入れながら、製造体制の強化に取り組んでいます。


休日の過ごし方
ボクシングジムでストレス発散中!!
筋トレをして、サウナに入ってボーッとしています。
運動後のビールが旨い!!
私にとって、体を動かすことが一番のリフレッシュになっています。

後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ
 どんなことでも人が行動を起こせば壁にぶち当たることがあります。しかし、最初に当たる小さい壁からコツコツと乗り越えることで、小さなヒントを得ることができるはずです。そこから、自分がチャレンジしていることにおもしろみが出てくるのではないかと思います。何事にもチャレンジしてください!!失敗を恐れて立ち止まるよりも、一歩ずつ前進あるのみです。心配しなくても、上司や先輩が必ず助言してくれます。



東日本加工センター 小松英明Profile
広島センター  末藤 大輔(スエフジ ダイスケ)
1974年 山口県 出身
1993年 和田精密歯研株式会社 入社
1996年 新大阪歯科技工士専門学校(夜間)卒業
2018年 スーパーテクニシャン 認定


pagetop