HOME > スーパーテクニシャン > リムーバブルワーク-REMOVABLE WORK- 大坂浩之
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
リムーバブルワーク -REMOVABLE WORK-
REMOVABLE WORK 万藤和仁

歯科技工士を目指したきっかけ
大学進学を目指していましたが、大学受験に失敗し、専門学校へと進路を変更しました。どの専門学校に行くかは全く考えていなかったのですが、美術が好きだったこと、また、知人が歯科技工士をしており、興味があったことから歯科技工専門学校を受験することに決めました。

入社当時の思い出
入社当時は失敗ばかりでした。なぜこうするか理由を聞いてもなかなか答えを教えてもらえないことが多かったです。何度も失敗を繰り返す中で、先輩の作業している様子を見て盗んで、自分で勉強しないといけないということに気づきました。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
私が試験を受ける前は、スーパーテクニシャンの先輩はまだ数名しかおらず、どれぐらいのレベルなのか全く見当もつきませんでした。受ける機会を与えていただいたので、今持っている精一杯の力を出してどこまでできるのかという力試しのような気持ちで受けました。


歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソード
立ち合いに行かせてもらうようになって、患者さんから直接「ありがとう」とお礼を言われることが一番ですね。岡山から広島に異動になった際に、ある患者さんから「入れ歯を作りに来てくれ。もし来られないなら広島まで行くから場所を教えてほしい」と連絡をいただきました。そうやって言ってくださる患者さんがいることは、とてもありがたいことだと思っています。
また、入社したころからずっと私の中では雲の上のような存在の先生がおられます。その当時は上司が担当していたのですが、私もいつかその先生とお仕事をさせていただきたい、先生に認めてもらいたいという一心で続けてきました。どうにか担当させていただけるようになり、最近、その先生からの年賀状に「君のおかげで総義歯に自信が持てた」と書かれていました。それを見て、やっていてよかったと感じました。


さらなる目標、夢
自分自身としてはもっと勉強をしてまだまだうまくなりたいなと思っています。会社としては、リムーバブル部門といっても排列形成、レジン部門に携わるスーパーテクニシャンの数は少ないです。今後、その部門のスーパーテクニシャンを増やしていきたいと考えています。
また、『これでベスト』と思ってしまったらもう先がないと思っています。日頃から『限りなくベストに近いベター』を目指すことで、ベストが常に進歩し続けるという思いで仕事をしています。その『ベスト』というのは、患者さんがいつまでも使い続けられる入れ歯です。自分の臓器の一部として自然に機能しているような入れ歯を作れたらと思っています。


休日の過ごし方
最近は、洗車して、子供と犬を連れてドックランに行き、帰ってきて犬の毛がついた車を掃除するという繰り返しです。身体を動かすことが好きなので、休みが長ければキャンプに行ったり、スキーやスノーボードをすることが多いです。


後輩やこれから歯科技工士を目指す方々へメッセージ
昔に比べると、技工業界はだんだんと環境が改善されてきています。日々目の前のケースをさばくだけではなくて、その前後や、さらにもっと広げて営業や先生、その先の患者さんの領域まで興味を持つことができれば、もっと視野が広がり、興味を持つことがたくさん出てくると思います。そうすることによって歯科技工という仕事を好きになってもらえるのではないかと思います。「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、歯科技工という仕事を好きになることが上達への一番の近道です。そのためにも、好きになるきっかけを見つけてほしいですね。


広島センター 大坂浩之Profile
広島センター  大坂 浩之(オオサカ ヒロユキ)
1971年 広島県出身
1992年 笠岡歯科技工専門学校 卒業
1992年 和田精密歯研株式会社 入社
2007年 スーパーテクニシャン 認定


主な論文発表
公益社団法人 日本補綴歯科学会
公益社団法人 日本口腔インプラント学会
一般社団法人 日本老年歯科医学会


説明会コンテンツ
・『自費義歯と保険義歯』~何故、自費義歯なのか~



pagetop