HOME > スーパーテクニシャン > リムーバブルワーク-REMOVABLE WORK- 武内宏之
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
リムーバブルワーク -REMOVABLE WORK-
REMOVABLE WORK 武内宏之

歯科技工士を目指したきっかけ
歯科技工士という職業を知ったきっかけはテレビ番組でした。高校1年生くらいのときに、クイズ番組で歯科技工士さんが出ているのを見て、歯科技工士ってどんな仕事かを調べたのが最初でした。そのときはただおもしろそうだなというくらいにしか思っていませんでしたが、進路を決めるときに、そういえばこんな仕事もあったなと思い出したのがきっかけになります。当時は職人の仕事が流行っていた時期で、ものづくりという魅力と、なおかつそれで食べていける職業はなかなかなかった中でちょうど適合したのが歯科技工士でした。

入社当時の思い出
入社当初は先輩方によく面倒をみていただきました。しかし、入社してから1年くらいの間に直属の先輩方が次々と退職してしまい、毎朝仕事の段取りを自分がしないといけない状況になりました。何もできないまま、なんとかしなければならない状況になってしまったので、とにかくたくさん失敗し学びました。当時はデンチャーには決まった基準がなかったので、今から考えるとすごいものを作っていたなと思います。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
スーパーテクニシャンの一期生として、会社から任命してもらいました。
今は試験があり、それなりのハードルを越えてスーパーテクニシャンになられていますが、一期生は試験もなかったので、初めはかなりのプレッシャーでした。しかし、なってしまった以上は早くスーパーテクニシャンという資格に見合うようになりたいという気持ちでがんばって勉強しました。

歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソード
先生から信頼していただき、立ち会いに呼んでいただくことがあります。そのときに実際に患者さんの顔を見て、口腔内にピッタリ入る瞬間を経験すると歯科技工士になってよかったなと感じます。毎日、机に向かって作っているだけではやりがいは感じにくいと思います。今の若い人たちにやりがいを感じてもらうためには、患者さんと対面する機会は絶対に必要です。歯科技工士として、人間の口の中に入るものを作っているという実感を持つためには、積極的にチェアサイドに行くべきだと思います。


さらなる目標、夢
入れ歯を完成させたいというのが夢ですね。入れ歯で困っている人はたくさんいます。噛めない、痛い、気持ち悪い、このような問題をどうにかして解決できないかと思っています。金属床は一つ進歩した形ですが、やはりまだ完ぺきではありません。異物感が全くない入れ歯、デンチャースペースにぴったり収まっている入れ歯というのはやはり理想です。きっと患者さんが一番望んでいることだと思います。今はまだ全く見えていませんが、今後実現に向けて少しでも進めていけたらと思っています。

休日の過ごし方
休みの日はいつも家族と過ごしています。一緒に買い物に行ったり、たまに旅行に行ったりということが多いです。以前は、車が好きなのでよくドライブに出かけていましたが、子どもが生まれてからは子育てが趣味ですね。最近は、子どもも手が離れてきているので、そろそろ自分自身のやりたいことを考えていきたいと思っています。

後輩やこれから歯科技工士を目指す方々へメッセージ
歯科技工士は生体の一部となるものを作っているので、そういう意識を常に持って仕事をしてほしいと思います。ただ工場でものづくりをしているのではなく、患者さん一人ひとりに合ったものを作っています。なかなか難しいかもしれませんが、実際にチェアサイドに行き患者さんの口の中を見せていただく機会を持つことで、もっともっとやりがいを感じてほしいですね。



大阪義歯センター 武内宏之Profile
(株)和田ホールディングス 大阪義歯センター
武内 宏之(タケウチ ヒロユキ)

1960年 兵庫県出身
1981年 大阪歯科学院専門学校 卒業
1981年 和田精密歯研株式会社 入社
1997年 スーパーテクニシャン 認定


所属学会
日本補綴歯科学会
日本歯科技工学会


主な論文発表
・患者さんから喜ばれるノンクラスプ義歯「スマートデンチャー」 


主な論文発表
1998年5月 「義歯のメンテナンス」 
2005年9月 「義歯床精密重合システムを知る」 日本歯科評論

主な論文発表
2007年1月 日本補綴歯科学会 ポリカーボネイトを用いたノンクラスプデンチャーの製作


pagetop