HOME > スーパーテクニシャン > ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK- 竹内 一郎
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK-
PORCELAIN WORK 角 薫
歯科技工士を目指したきっかけ
父が歯科技工士で、なんとなく「歯を作っているんだ」と思うくらいで、あまり理解できていませんでしたが、幼い頃から歯科技工が身近にあり、また図工など物作りが好きだったこともあって、軽い気持ちで歯科技工をやってみようかな?と思うようになりました。また、叔父が歯科医師だったこともあって、自然と歯科の道を歩み始めていました。実際に専門学校に入ってみると〔技工を何年もやっていて免許を取りに来ました〕という人が数名いて、『こんな人に勝てるか?!』と思いながらも、負けず嫌いな性格を発揮してカービングやワックスアップを追いつこうと必死になっていた思い出があります。

入社当時の思い出
入社2年目の頃から、それまで担当していた模型業務が終わった後にメタルボンドを任せてもらえるようになりました。念願の完成工程だったので、どんなに時間がかかっても投げ出すことなくやり続け、ようやく一人のセラミストになることができました。しかし、一時期セラミックス担当者が不足し(関東地区内で一人になったことも・・・)、当時はまだ半人前で私の技量では対応しきれない仕事が入り、先生方や営業員からお叱りの連絡をいただくこともありました。このときに教えられたことが後の症例にも役立ち、さまざまな症例に対応できるようになりました。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
入社2年目のときに、社内の第1回全国クラウンブリッジ研修会に参加する機会があり、そこで全国のスーパーテクニシャンに初めて出会いました。当時、スーパーテクニシャンを目指す人たちが集まる研修とは知らず、「ポーセレンを1から教えてもらえる」と聞かされて参加したので、右も左もわからないまま「騙された!」と思ったことは忘れられません。しかし、そこで出会った全国のセラミストの数多くはスーパーテクニシャンとなり、ありがたいことに今では良い関係が続いています。そのときから、いつか私もスーパーテクニシャンになりたいと思うようになりました。ある程度経験を積んだ頃に、上司に受けてみたら?と後押ししていただき受けることにしました。


歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど
普段、ラボの中だけで働いていると、先生方の声を含め営業員からかけられる、どちらかというとお叱りの言葉が印象に残っていることが多いと思います。また、同僚の歯科技工士や営業員から「綺麗にできている」と言われてもそれは模型上の評価であって、実際に患者さんが満足するものなのかどうか、その時にはわかりません。 私も立ち合いを経験するまでは評価を実感できず、勝手に良し悪しを判断していました。しかし、立ち合いを経験し、自分自身の目で装着された補綴物を見ると一変しました。目の前で先生や患者さんに「すごく綺麗になりました!よく噛めるようになりました!」と言葉をかけていただくと、「人の役に立つ仕事なんだ!」と改めて実感し、歯科技工士になってよかったと思います。

さらなる目標、夢
これからも「口腔内で調和する、よく噛める、患者さんが笑顔になる」補綴物の製作を目指していきたいです。デジタル化も勢いよく進んでいるので、時代の流れとともにデジタルとアナログとをうまく調和させて、さらに良い物を追求していきたいです。 また、今後、深刻な歯科技工士不足と直面する可能性が高いので、今まで培ったアナログの技術や経験をデジタルに生かし、歯科技工士の生産性の向上のために力になりたいです。

休日の過ごし方
休日はできるだけ妻と二人の息子と過ごすように心掛けています。冬以外はプールや公園に遊びに行くことが多いですが、ネットで情報を集めてドライブも兼ねていろいろな場所へ行き楽しんでいます。 元々多趣味で、ツーリングやゴルフ練習にハマっていましたが、子どもができてからはバイクを手放し、年に3回ゴルフコンペに参加する程度です。しかし、週に1度だけ平日の夜にキックボクシングをして、普段は座りっぱなしなので身体が怠けないようにしています。しんどくても、仕事以外の何かを取り入れると気持ちもリフレッシュしますし、視点の違った人間関係もできるため、結果的に早く仕事を終わらせようと努力するようになります。


後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ
先輩や上司に言われたことだけを、ただこなしているだけでは自分らしさがなくなり、嫌になってしまうこともあると思います。私の場合、作業をしていて「何故こうなのか?」「もっといい方法はないか?」と、桑田正博先生がよく言われる『何故の追求』を自分なりに常に考えて改善し続けています。同じ作業でもただこなしている人と考えて作業している人では、将来的に全く違う結果になると思いますし、言われて行動するより、自分で考えて行動するほうがやりがいを感じるはずです!だから、常に向上心をもってほしいですね。そうすることでいろいろな発見があると思います。そこからはっきりとした目標も見えてくるはずです。



Profile
東京ラボ  竹内 一郎(タケウチ イチロウ)
1980年 東京都 出身
2004年 日本大学歯学部附属歯科技工専門学校 卒業
2004年 和田精密歯研株式会社 入社
2018年 スーパーテクニシャン 認定
pagetop