HOME > スーパーテクニシャン > ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK- 角 薫
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK-
PORCELAIN WORK 角 薫
歯科技工士を目指したきっかけ
進路について考える高校2年生の時に、両親から歯科技工の専門学校を勧められたことがきっかけでした。正直、歯科技工士という職業も、歯科技工がどんなことかも知りませんでしたが、昔から手先が器用で、図工の授業やプラモデル作りが好きだったこともあり、勧められるがままに入学を決めました。
入学当初は、学科は専門用語ばかりで難しく、実技もなかなか思うようにできずで、なぜこんなに難しいところに来てしまったのだろうと感じたこともありました。

入社当時の思い出
初めはとにかくがむしゃらにやりました。3年くらいはなかなか良いものを作れなかったですし、スピードも遅かったです。ただひたすら毎日の仕事をこなしていただけでした。しかし3年ほどが経ち、自らやってみたいと手を挙げてメタルボンドを担当させてもらうようになったのをきっかけに、仕事を楽しいと思えるようになりました。また、もっといろんなことを試して追求していきたい気持ちや、上を目指していきたいという気持ちが増してきました。


スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
歯科技工士として働き始めた当初から、あらゆる歯科技工に関する本を読んだり、自ら進んで研修にいかせてもらったりなど、常に向上心を持って仕事をしてきました。当社に入社したとき、他の会社にはないスーパーテクニシャンという資格にとても興味を持ちました。せっかくこのような資格があるのだから、絶対に挑戦してみたいという気持ちが一番でした。


歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど
ラボ内で仕事をしているときは、よかったと感じる瞬間になかなか出会えなかったのですが、患者さんのセットに立ち会う機会を作っていただき、初めて自分の作った技工物が口の中にセットされ、患者さんの「ありがとうございます」という言葉を聞いた瞬間、この仕事をしていてよかったなと感じました。自分の中では、もう少しこうしておけばよかったと思う部分や納得できない部分もあったので、こういった気持ちと嬉しかった気持ちを掛け合わせて、今後に活かしていきたいと思います。

さらなる目標、夢
今私に足りないことは、学会発表や先生方への説明会などの経験です。今後はこのような機会を多く作り、うまく伝えられるようになりたいと思っています。まずは先生方に信頼される技工士を目指していきたいです。

休日の過ごし方
天気がいい日は、妻、娘二人とよく大きな公園に行って遊んだり、家族でキャンプに行ったりもします。平日は妻に家事、育児を任せてばっかりなので、休日は出来るだけ私が夜ご飯を作ります。あまり上手ではないですが・・・
ここ最近は、家族との時間を優先しているので、趣味のバイクツーリングにはあまり行けていませんが、都合がつけば、仲間達とツーリングに行っています。

後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ
とにかく、向上心を大切にしてほしいです。さまざまなことに興味を持ち、自ら“やりたい”と手を挙げられるようになってほしいと思います。また私自身も後輩たちが興味を持ち“やってみたい”と言える環境を作らないといけないと感じています。挑戦してみると思ってもみなかったセンスがわかるかもしれませんし、意外とおもしろいという気づきがあるかもしれません。まずは視野を広げてさまざまなことに興味を持ち、向上心を持つきっかけにしてほしいと思っています。



Profile
金沢ラボ  角 薫(スミ カオル)
1983年 石川県生まれ
2004年 石川県立歯科技工士専門学校 卒業
2012年 和田精密歯研株式会社 入社
2017年 スーパーテクニシャンに認定

<取得資格>
日本顎咬合学会 認定歯科技工士
pagetop