HOME > スーパーテクニシャン > ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK- 新谷健治
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK-
PORCELAIN WORK 新谷 健治
歯科技工士を目指したきっかけ
高校生のとき、子どものころから通っている歯科医院に治療に行っていました。奥歯の治療で大臼歯のフルメタルクラウンの症例だったのですが、何も知らない素人ながらに再製が続いていることがわかりました。再製が2、3回続いたときに「そんなに難しいことなのですか?」と先生に尋ねたことを覚えています。今考えると失礼な質問をしたと思いますが、先生は時間を割いてくださり、どうやって作るのか、何が難しいのかなど詳しく教えてくださいました。
その当時、進路が決まっておらず、大学に進学することも考えていたのですが、まだ漠然としている状態でした。ちょうどそのときに先生にお話を聞き、歯科技工士という仕事に興味を持ったことがきっかけとなりました。元々ものづくりが好きだったので、すぐに調べて専門学校に行くことを決めました。

入社当時の思い出
いろいろとミスをしてよく叱られました。教えてくださる先輩に同じことを二度言わせないためにも、言われたことは必ずメモを取っていました。次はミスしないようにしよう、もう叱られたくないから注意しないといけないという気持ちが働き、その中で学ぶことが多かった気がします。「ミスして学ぶことは多い」とよく言いますが、これまでたくさんミスをしてたくさん叱られたことが、今こうしてスーパーテクニシャンとしてやっていけている過程になっていると思います。
正直、叱られることは苦痛ではありませんでした。自分の成長のためと思っていたので、叱られるたびに「言ってくださってありがとうございます、次は失敗しません」と思っていました。そう思えたのも、当時の上司から「ミスしても俺が責任をとるから、思い切ってやれ」と言われたことがきっかけです。なかなか型にはまってくれない、自分の思うとおりにいかないということが続き、悩んでいたときにかけていただいた言葉です。その言葉でなにか吹っ切れたような気がしました。だから今、部下に対しては同じような言葉をかけ、安心して仕事ができる環境をつくるように心掛けています。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
上司に薦められたことがきっかけですが、実際に今自分がどの位置にいるのか気になっていたので、良い機会だと思い試験を受けました。先生方や患者さんから評価をいただくこともありますが、それだけでは自分の技術がどの程度なのか計ることは難しいです。技術職に就いている以上は、もっとうまくなりたい、上を目指したいという気持ちは誰しもあると思います。スーパーテクニシャンは、技術者として当社の中ではトップに位置しています。ここで落ちたら自分の技術・技量がそこまで至っていなかったということですし、受かれば会社の中ではこの位置にいるということがわかります。ただ、上を目指したらきりがないですが、まだまだ上はあり、スーパーテクニシャンは自分の中ではまだ通過点だと思っています。














歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど
立ち会いに行き患者さんの口腔内を見て、自分で想定して模型上で作ったものが、実際に患者さんの口の中にセットされた時に予定通りだと嬉しいですね。立ち会いで患者さんと直接話すことによって患者さんからの細かな要望を聞くことができますし、容姿を見ることで形態や色をより合わせることができます。自分で直接情報を得ることのできる「立ち会い」は大事だと思います。その結果、「綺麗なものを作っていただきありがとうございます」と喜んでいただき、ガッツポーズをとったこともあります。技術者はみんなそうだと思いますよ。

さらなる目標、夢
まずは、自分の部下からスーパーテクニシャンを誕生させたいです。それが部下に対しての評価にもなると思います。また、自分の部下から出れば自分の指標は間違いではなかったという自分自身の評価にもなります。だからどんどん増えていってほしいですね。最終的にはそれが会社の利益にもなりますし、自分自身も更なる高みに上がりたいと思っています。













休日の過ごし方
昔はなかなか早い時間に帰れることがなかったので、休日はできるだけ家族と過ごしていました。今もその名残で、休日は家族と過ごすことが多いです。独身のころは幅広くいろいろなことをしていましたが、今は家族といる時間が自分の中では中心にあります。子どもと話している時間は楽しいですし、日々成長を見ることが楽しみです。












後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ
近年、急激にデジタル化が進んでいます。個人の知識やスキルが多く必要になり、幅広くいろいろな勉強をしていかないといけない中で、当社の情報量やスーパーテクニシャンをはじめとする技術量は他社とは比べものにならないと思います。デジタルが中心となる時代はもうそこまできており、今後、若い後輩やこれから歯科技工士を目指す人たちは簡単に主役になりうると思います。そういう意味でも今後、歯科技工という仕事が非常にとっつきやすい職種になり、価値のあるものになると思います。若い人たちには、そのことを認識し、主役としてがんばっていってもらいたいですね。


大阪センター 新谷健治Profile
大阪センター  新谷 健治(シンタニ ケンジ)
1970年 大阪出身
1990年 大阪歯科大学 歯科技工士専門学校 卒業
1990年 和田精密歯研株式会社 入社
2013年 スーパーテクニシャン 認定



・セラミッツク製品の紹介と、その製品の持つ優位性


pagetop