HOME > スーパーテクニシャン > ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK- 樋口鎮央
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK-
PORCELAIN WORK 樋口鎮央
歯科技工士を目指したきっかけ
私は元々、歯科技工士という職業の詳細を良く知らずに当社に入社しています。高校の担任の先生から「歯を作る会社があるが受けてみないか?」と紹介していただき、入社試験を受けることになりました。子どものころからものづくりが好きで、何か物を作る仕事に就きたいと考えていたので、ものづくりの会社ということだけで決めました。当時は歯科技工士の資格がなくても技工ができる時代だったので、入社してから専門学校に通い、歯科技工士を目指しました。

入社当時の思い出
入社後は、クラウンブリッジの模型部門に配属されました。毎日模型を作る中で、難しいという感情よりも楽しいと感じることの方が多かったです。
失敗はたくさんしました。分離材を塗るのを忘れたまま二次石膏を入れ、一次石膏と二次石膏が全てくっ付いてしまうということがありました。外す作業は先輩が対応してくださいましたが、10個くらいをワンロットでやっていたので、少しずつ叩きながら全てきれいに外す作業はとても大変だったと思います。あのときはとても落ち込みました。


スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
スーパーテクニシャンの制度ができたときに第一期メンバーとして認定されました。技術的な部分では社員の目標となり、ステータスのような位置付けとしてできた制度なので、一番初めになった以上は自分のやっている仕事にプライドを持ち、より安定したものを作ることを意識するようになりました。そのためには、より上を目指した勉強をしなければならないですし、それを再現する技術も身に付けないといけません。スーパーテクニシャンになったことでそういう意識はより感じましたね。


歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど
もちろん、一番はセットの立ち会いに行って患者さんの反応を近くで見ることができた瞬間ですね。
また、研修会や勉強会に行って習ったことを実際に技工物に反映しようと試行錯誤し、自分なりに上手くできたものがきれいに口腔内でマッチしたときは嬉しいです。さらに、技術を盛り込んだ分、先生方に透明感や色調面で他のものと違うという良い評価をしてもらえると、歯科技工士になってよかったと感じます。


さらなる目標、夢
現在は、デジタル化が進んでいますが、クラウンブリッジのみというのが現状です。今後、デンチャーにおいてももっと展開していけるようにしていきたいと思います。最終的にデンチャーは床と人工歯まで全てデジタルで製作することが可能だと思うので、より早くできるようにしていきたいというのが目標ですね。
また、歯科技工士不足が嘆かれている中でいかに人材を確保し、育てていくかが重要になってきています。福利厚生としての研修制度だけでなく、技術面でも社内の研修制度を増やし、新入社員からスキルアップしたい中間職の社員、管理職の社員までが安心して仕事ができるようにしていくことが必要だと思っています。


休日の過ごし方
最近は家族との時間が合わないので、休みの日に一人で過ごすこともあります。そういうときは、家で仕事をしているかのんびりしていることが多ですね。時間が作れたら、家族で旅行に行きたいというのが今一番の願望です。

後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ
歯は健康の大元と言われています。患者さんの健康のために良く噛める技工物を作ることができるのは歯科技工士しかいません。一般の方々への健康年齢向上のお手伝いができる職業なので、そういう意識を持ち、技術・知識を身に付けてそこに盛り込めるような歯科技工士になってほしいです。そのためには、「仏作って魂入れず」というように形は作っても全く機能しないということにならないように、きちんと技工士の仕事を理解しなければなりません。日々、技術や材料は進歩してきているので、常に情報を仕入れ、その情報を知った上で技工物に盛り込んでいくということが必要です。また、患者さん一人ひとりの症例は違うので、その症例に応じて材料から設計まで全てを最適に提案ができるような歯科技工士になってほしいですね。



生産本部 樋口鎮央Profile
生産本部  樋口 鎮央(ヒグチシズオ)
1957年 香川県出身
1976年 和田精密歯研株式会社 入社
1979年 行岡医学技術専門学校 卒業
1997年 スーパーテクニシャン 認定
2002年 優良商工従業員表彰(大阪商工会議所)



1999年7月~11月 (株)ヨシダ 研修会講師
2005年 日本歯科審美学会 歯科技工認定士
2005年 日本口腔インプラント学会 専門歯科技工士
2013年~ 東京医科歯科大学 非常勤講師
2014年~ 徳島大学歯学部 非常勤講師



日本補綴歯科学会
日本歯科技工学会
日本歯科産業学会
日本歯科審美学会
日本口腔インプラント学会
日本歯科理工学会
日本デジタル歯科学会



「最新デジタル技工の現状」
「CAD/CAMを用いた歯冠修復-成功のポイント-」
「CAD/CAMシステムを用いたデジタル技工の現状」



・「歯科技工の品質管理とISO認証取得の効果について」
 医歯薬出版 歯科技工Q&A
・「審美的補綴物製作のキーポイント」
 日本補綴学会関西支部学会[2001年3月]
・「オールセラミック修復の現状 診療と技工の接点・患者さんへのアプローチ」の中の
 「Wol-Ceramシステムの臨床応用」
 大阪歯科大学 末瀬先生監修 永末書店[年]
・「CAD/CAMシステムとWol-Ceram」
   特集実践・生体組織と調和した審美修復とその技法
 東京医科歯科大学 松村光明教授、和田精密歯研株式会社 樋口鎮央・木村好秀
 東京医科歯科大学三浦宏之教授編集
 季刊・歯科医療2006年秋号 第一歯科出版[2006年10月]
・「ウォルセラム(Wol-Ceram)システムの臨床応用」 セラミック修復の現状74~90P、172~192P 2006/11/1 三宅康正、上浦庸司、細川隆司、樋口鎮央、木村好秀、大川泰史、山木康充、橋本吉正、山地康之
・「歯科技工士の立場からのシェードテイキング機器の利点、欠点」DE No.162 Summer  2007/7/25 木村好秀・樋口鎮央
・「ノンクラスプデンチャーの製作 -スマートデンチャーの臨床応用-」 
DE 2008/12/1渡辺 誠・樋口鎮央
・「CAD/CAMレストレーション 「Everest system」」補綴臨床 2008/12/1樋口鎮央
・メタルフリーレストレーションとCAD/CAM技工の最前線(インプラントとCAD/CAM))「Wol-Ceram」歯科技工92~99P 2007/7/25 樋口鎮央
・「Everest system」美容口腔管理学会誌 2009/4/1 樋口鎮央
・「金属粉末積層造形の歯科への応用」 ツールエンジニアリングP76-81 2011/1/ 樋口鎮央
・「三次元計測機を使用したジルコニアコーピングの適合性について」 歯科産業学会誌第22巻 
第1号 2012/08/ 樋口鎮央、和田主実、和田弘毅
・「レーザー粉末積層法によるCo-Cr合金の生体親和性」歯科産業学会誌第25巻 第2号17-22 2012/11/ 樋口 鎮央、森島正治、和田主実、和田 弘毅
・「プロビジョナルレストレーションを口腔機能に調和した補綴物に置き換えるための一手法」  歯科産業学会誌第26巻 第2号 2012/12/ 樋口鎮央、山地康之、三野卓哉、窪木拓男、和田主実、和田弘毅
・臨床技工材料学の本「デジタル造形」歯科技工別冊P118-126 2012/12/末 樋口鎮央
・「デジタル技工の現状」美容口腔管理学会誌 2012/2/ 樋口鎮央



・「臼歯部67欠損症例における補綴物の割合」日本歯科技工学会 1987年8月
・「焼結金属を使用した陶材焼付冠の優位性」第2回国際歯科審美学会 1997年4月
・「歯科技工の品質管理とISO認証取得の効果について」日本補綴歯科学会関西支部 2001年3月
・「臼歯部67欠損症例における補綴物の割合」補綴学会2001年3月
・「電鋳クラウンの優位性」口腔インプラント臨床コロキウム 2002年11月
・「エレクトロレイヤードセラミックを使用したオールセラミッククラウンの製作法」
第112回日本補綴歯科学会学術大会 2004年10月
・「ウォルセラムシステムについて」日本デンタルショー 2004年10月
・「Wol-Ceramの真空練和が曲げ強度に及ぼす影響」
平成16年度日本補綴歯科学会関西支部学術大会 2005年1月
・「エレクトロレイヤードセラミックWol-Ceramの臨床応用」
日本審美歯科協会創立20周年記念学会 2005年3月
・「エレクトロレイヤードセラミックWol-Ceramの製作法と臨床応用」
第113回日本補綴歯科学会学術大会 2005年5月
・「ELC Wol-Ceramシステムの臨床応用」KIRG創立20周年記念学術講演会 2005年12月
・「CAD/CAMジルコニアの現状」 第15回顎顔面バイオメカニクス学会 2007年8月
・「金属粉末積層造形の歯科への応用」 RP産業協会 2010年6月
・「レーザー加工による補綴物の製作」第10回日本歯科用レーザー学会 2010年9月
・「粉末積層法とレーザー照射によるCo-Cr合金の生体親和性」第26回日本歯科産業学会
2011年8月
・「レーザーシンタリング技工の現状 第35回クローバー会研究会 2012年3月
・「レーザーシンタリング修復物の現状」第3回日本歯科CAD/CAM学会学術大会 2012年4月
・「レーザーシンタリングを用いた修復物」第12回日本歯科用レーザー学会 2012年9月
・「レーザーシンタリング法を用いた歯科技工の現状」第80回レーザー加工学会 2013年12月
・「プロビジョナル義歯を忠実に最終補綴物に置き換えるための一手法」第27回歯科産業学会
2012年8月
・「歯科技工への積層造形の応用」第2回 AMシンポジウム 2013年1月
・「CAD/CAMを用いた歯冠修復- メタルフリーの補綴治療」日本歯科補綴学会中国四国支部学術大会 
2013年9月
・「技工所の立場からみたデンタルCAD/CAMテクノロジーの進展」ニューセラミックス懇話会 
第209回研究会 2013年10月
・「CAD/CAMシステムを用いたデジタル技工の現状」全国歯科技工士教育協議会講習会 2013年11月
・「上部構造のプロビジョナルレストレーションを最終補綴物に置き換えるためのデジタル技術の応用」
 第123回日本歯科補綴学会学術大会 2014年3月


pagetop