HOME > スーパーテクニシャン > ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK- 樋口鎮央
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
ポーセレンワーク-PORCELAIN WORK-
IMPLANT WORK 高倉洋一
歯科技工士を目指したきっかけ
もともと手先の器用さには自信があり、それを活かす仕事に就きたいと思っていました。特にものづくりが好きで、小学校のときの夏休みの自由研究では、モーターやシャフトを回転軸にして掃く動作を再現したほうきを作りました。高校3年当時も特に歯科技工士という職業に固執していなかったのですが、選択肢の一つとして考える中で、だんだんと興味を持ち始めました。決め手は差し歯をしていた友人がいて「1本5万円」と話しているのを聞いて「これだ」と思ったことでしょうか。


入社当時の思い出
私は歯科医院に5年勤務したのちに当社に入社しました。入社時はフィット部門に配属され、当時は保険製品が中心だったので、50本、60本をその日の内に完成するという時代でした。銀合金のキャストミスが多く、毎日ハラハラドキドキしながらギャンブルのような感覚でキャストをしていたのが一番印象に残っています。あまりにもキャストミスが多かったので、パターン担当者に採り直してもらうのも申し訳なく、昼休みに自分で採り直していました。銀合金は融点が低いので、一旦740度まで上げてその後冷やすのですが、温度は感覚で、暗がりの中で湯口を見て少し赤みが残っているのがタイミングだと教えられました。力ばかり入っていたのを覚えています。

スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
漠然とですが、ずっと目標にはしていました。入社5、6年目くらいのときに初めてエントリーしましたが、自分の力量を試したいと思いました。その後、社内外の研修や学会等でいろんな技術やノウハウを習得し、自信を持って再挑戦したのですが、そのときもあと一歩のところで合格にはなりませんでした。そこからしばらくはスーパーテクニシャンへの思いが遠のいていましたが、今回急に思いが強くなり受けることにしました。


歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソードなど
製作した技工物が、患者さんにすぐに評価してもらえる仕事です。また、そのような場に居合わせ、患者さんが喜ばれると最高に嬉しいですね。最近では、ISUSを含む大きなケースを進めていく上で、試適などをして場合によっては立会いもします。その過程で患者さんは最終装着日に近づくにつれイキイキと若返ってくるのがわかります。例えば、衣服が明るめになったり、化粧が変わってきたりなど、患者さんの期待感が増していることが手に取るようにわかります。なおのこと、その期待を裏切ってはいけないと思います。これまで経験した印象深いエピソードとしては、いろいろと会話を交わした患者さんで、とにかくこれを入れて同窓会に参加するのが楽しみなのだとおっしゃっていました。そして旅先の居酒屋で、たまたま隣に居合わせた女性が歯科技工士だったので、思わず作ってもらった歯を見せて自慢してしまいましたよと聞き、とても嬉しく、携わることができてよかったとあらためて思いました。

さらなる目標、夢
長年の課題であった平均終了時間19時に向けて、もう少しのところまできました。その目標を達成するためには、活気あふれる若い歯科技工士がたくさん必要です。
「和田精密に入りたいな」「和田精密に就職したいな」「歯科技工士になりたいな」と思ってもらえるような会社にすることが夢です。社員は働きながらやりがいや充実感を持ち、友人や知人に自分の会社を自慢できる、そのようなことが理想なのかなと思いますね。

休日の過ごし方
休日は、趣味の釣りや妻のショッピングに付き合ったりしています。妻は山野草やガーデニングが好きなので、グリーンマーケットや自然探索にもついて行ったりしています。
また、富山ラボのメンバーには釣り好きが多く、一緒に釣りをしたり、『LINE』で情報交換などもしています。年に一、二度は妻ともフラッと釣りに出かけることもありますね。

 
後輩やこれから歯科技工士になる方々へメッセージ
私自身30年近くこの仕事に携わってきましたが、純粋に良い職業だと思います。おそらく20代、30代のころには、冷静に考える時間や振り返る余裕がなく、これまでにさまざまな経験をしてきたことによって、今こうしてそう言えるのではないかと思います。歯科技工士という職業は、本人のやる気次第で無限の可能性が広がっています。その中でもとりわけ当社和田精密歯研では、やる気一つでさまざまなチャンスが与えられます。ただ毎日漠然と仕事をするのではなく、必ず目標を持ちその目標を達成すべく仕事に取り組んで欲しいです。目標を持って仕事に取り組むのとそうでないのとでは、おのずと取り組む姿勢や結果も違ってきます。ぜひ自分の将来を見据えて目標を持ってください。


富山ラボ 高倉洋一Profile
富山ラボ  高倉 洋一(タカクラ ヨウイチ)
1966年 富山県出身
1987年 富山歯科総合学院 歯科技工士科 卒業
1992年 和田精密歯研株式会社 入社
2015年 スーパーテクニシャン 認定



2009年 JSOIインプラント学会専門歯科技工士
2013年 日本顎咬合学会 認定歯科技工士



日本口腔インプラント学会
日本顎咬合学会


pagetop