HOME > スーパーテクニシャン > インプラントワーク -IMPLANT WORK- 山木康充
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
インプラントワーク -IMPLANT WORK-
IMPLANT WORK 山木康充


 私が最初に歯科技工という職業に出会ったのは、浪人時代でした。大学受験を目指していましたが、あまり現実味がなく勉強にも身が入っていませんでした。そんな中、何か医療系の仕事を探そうと思い専門学校のパンフレットをめくっていたときでした。「歯科技工士」のページに目がとまりました。子どものころ、時計を分解したり、木工で何か作ったりと「ものづくり」に対し興味が強かった私は、自然と「技工」という響きに惹かれ、歯科技工士学校の体験入学に行くことにしました。体験入学では、石膏棒から円錐や円を掘り出す私の手つきと作品を見た先生から「正確に掘り出すのはなかなか難しいんだよ。君は掘り方も丁寧だし技工士に向いている」と言われて決心しました。
 実際に歯科技工の仕事に就いて、自分自身の手でものを作り出す仕事はある意味仕事の原点なのだと改めて感じました。自分が作ったものが誰かの体の一部になって、生活の役に立っていることは大きな喜びを感じます。やはりそれが「ものづくり」を仕事にすることの醍醐味だと感じます。


 入社当時は思うように手が動かず、思いの外仕事をこなすことができない日々を過ごしました。そのわりに、口だけ達者で生意気で面倒くさい新入社員でした(笑)。そのため、スピードよりも丁寧さが要求される大学病院関係の仕事を担当していました。ときどき、休憩時間に会った同期に「今日40本渡されたよ。山木は?」と聞かれ、言葉につまりました。まさか「6本」とは言えませんでした。今考えるとコンプレックスに苛まれていて一番辛い時期でもありました。



 正直、今でも数をこなすことはなかなかできないのです。ただ、10年ほど前から、インプラントフレームやアバットメントの設計やパーツの選択など、「考える」部分が大きいインプラントの症例が増えてきました。もともと「考える」ことや人に説明することは得意だったので、先生と設計を相談したり、必要なパーツを考えたり、「考える」技工が多くなってから、歯科技工士としての自分に自信を持てたように思います。
 技工の花形と言えば完成工程。インプラントのアバットメントの設計やメタルの適合が素晴らしいと褒められることはほとんどありません。ただ、さまざまなリスクを考慮した上で緻密に設計された土台がなければ、その上にどんなに素晴らしいセラミックスの歯を作ったとしても崩れてしまいます。決して目立つことはありませんが、素晴らしい技工物を支えるための仕事は私にとってとても重大な役目だと思っています。
 また、私の場合、技術的には他のスーパーテクニシャンと比べると秀でているわけではないのです。しかし、「考える」技工のおかげでコンプレックスを克服することができました。それは今後のCAD/CAMの活用でも期待していることで、自分の手では上手く再現できないこともPCで実現することができたり、技術的なコンプレックスを埋めるツールの1つにもなりえます。まさに「考える」技工を可能にするツールだと思っています。


 もう一つ、私がデジタル技工に期待していることは「勤務形態の多様化」です。私が所属しているインプラント技工センターは女性の割合が比較的多く、出産休暇や育児休暇で長期間休むため、どうしても一度技工から離れなければなりません。技術を商売にしている以上、数ヶ月でもブランクがあいてしまうと職場に戻ってきて感覚を取り戻すのは容易ではありません。実際にそれで苦しむ社員の姿を何度も見てきましたし、少しでも技工に関わり続けることができればと考えていました。
デジタル化が進めば、自宅で設計をおこなう在宅勤務も可能になります。そうなれば、女性の結婚・出産などの節目にも仕事を休んだり辞めたりすることなく歯科技工に関わり続けることができ、キャリアアップもしやすくなります。また、女性に限らず男性でも、子どもが小さいうちは家族とのコミュニケーションのため早めに帰宅して、子どもが寝てから自宅で仕事を再開するようなフレックスタイム制も可能になるのではないでしょうか。より一層働きやすい職場づくりなど、デジタル化がもたらす可能性は多様です。



休みの日には、ボーイスカウトのリーダーとして活動をしていることがほとんどです。小学校3~5年生の子どもたちを連れて野外活動の指導をしています。今の子どもたちは、普段の生活の中でナイフを使ってで木を削ったり、自分たちで工夫して何かを作ったりする機会はあまりありません。子どもたちが自分たちの手で何かものを作る。そういうことが楽しいと思ってもらえればいいなと願っています。歯科技工の原点である「ものづくり」が楽しいと感じてもらえれば、その子どもたちの中から将来の歯科技工士が出てくるかもしれませんね。



大阪センターー  山木 康充(ヤマキ ヤスミツ)
1969年 大阪府出身 
1991年 大阪大学歯学部付属歯科技工士専門学校 卒業
1991年 和田精密歯研株式会社 入社
2012年 スーパーテクニシャン 認定



2009年 日本口腔インプラント学会 インプラント専門技工士 認定



日本口腔インプラント学会 日本口腔インプラント学会



2000年9月 日本口腔インプラント学会 ポスター発表 「当社における受注インプラントの分布と推移」
2008年11月 日本口腔インプラント学会 共同演者 「インプラント上部構造のデザインが清掃性に与える影響」
2011年2月 日本口腔インプラント学会 「コンピュータガイデッドサージェリー及びCAD/CAMを用いて上部構造を製作した一症例」


pagetop