HOME > スーパーテクニシャン > アタッチメントワーク-ATTACHMENT WORK- 枡田 剛
スーパーテクニシャン
スーパーテクニシャン
アタッチメントワーク-ATTACHMENT WORK-
ATTACHMENT WORK 桝田 剛

歯科技工士を目指したきっかけ
小学生のころからものづくりが好きで、ぼんやりとですが、将来は機械をいじる仕事やものづくりに関係する仕事に就きたいと考えていました。高校生のとき、偶然読んだ朝日新聞の「天声人語」で、歯科技工士という職業を知りました。ちょうどそのとき進路を選択する時期で、学校の先生からも歯科技工専門学校への進学を勧められました。ものづくりに関わる仕事であること、また、「天声人語」を読んで興味があったことから歯科技工士を目指そうと決めました。


入社当時の思い出
入社当初は、ロー堤付きの模型をドライヤーにかけて溶かしたり、作業ケースをひっくり返して模型を破損させたりと、たくさんの失敗をしました。そんな中でも、当時の上司にはとてもよく面倒をみていただきました。私は自分が納得するまで答えを追い求めないと気がすまない性格で、上司や先輩には何度も何度も質問し、「またか」と言いながらも毎回丁寧に説明してくださいました。ときには突き放されることもありましたが、私がくじけない性格だからというよりも、何度でも聞きやすい雰囲気を作ってくださっていたからできたことだと思います。


スーパーテクニシャンを目指したきっかけ
上司の薦めで受けたのがきっかけです。受ける前は正直、スーパーテクニシャンになることに魅力を感じていませんでした。自分の部下や後輩に指導することや、周りと相談しながら組み立てていくことが好きなので、対外的に活動する立場であるスーパーテクニシャンは自分のスタイルに合っていないと思っていました。しかし、実際には、スーパーテクニシャンになっても技工物を作ること、部下に指導することは変わらないですし、その中でスーパーテクニシャンである私を頼ってもらえることが増えました。責任は少し大きくなりましたが、今では技術者として会社のトップであることに誇りを持てるようになりました。

歯科技工士になってよかったと思う瞬間、エピソード
ありきたりですが、先生から「技工物の出来がよかったよ」や「患者さんが喜んでいたよ」という言葉をいただけると、歯科技工士になってよかったと感じます。滅多にないことなので、貴重ですし、モチベーションの向上にもつながりますね。
また、社内でもスーパーテクニシャンになったことで、今までより頼られるようになりました。会社の同僚が信頼した上でお願いしてくれているのですから、嬉しいことですね。

さらなる目標、夢
自分の部下には、私以上の技術者になってもらいたいと思っています。そのためにも常日頃から、人と人との繋がりを大切にするように指導しています。いろいろな人脈を持ち、どんな人とでもうまく関係を築けるようになると仕事はしやすいですし、自分の成長にも役立てることができます。そうなれるように、今は私が導いていってやるべきだと思っています。


休日の過ごし方
魚が好きで、昔からよく魚釣りに行っていました。今はもっぱら川で魚獲りです。川に入ってフナやドジョウを捕まえています。それを持って帰って、家にある1mくらいの水槽で飼うのが楽しみです。

後輩やこれから歯科技工士を目指す方々へメッセージ
歯科技工士というと、黙々と密室で仕事をしているイメージがあると思いますが、人脈やコミュニケーションが必要な仕事です。そうでないと納品した技工物が良いか悪いかさえわかりません。自ら進んで多くの人とコミュニケーションをとってほしいと思います。その中で、人の良いところをたくさん吸収し、自分の成長の糧にしてほしいですね。



大阪センター 枡田 剛Profile
1972年 鳥取県出身
1990年 鳥取歯科技工専門学校 卒業
1992年 和田精密歯研株式会社 入社
2013年 スーパーテクニシャン 認定



日本歯科産業学会



・アタッチメント&テレスコープ義歯の現状

pagetop