ごあいさつ みらい館:嶋渡 壯館長

歯科医療の歴史を語る「技工資料館」

関西の北部四季の変化も素晴らしい自然の森、能勢の郷にミュージアム「みらい館」が、平成12年7月9日設立されました。
展示物につきましては、社内で収集物、社外の歯科関連各位の方々にご寄贈していただいたものなどを陳列しております。
「みらい館」はわが国の歯科の歴史は勿論のこと、和田精密歯研椛n業開始からの技工技術の発展と歴史を刻んだ技工物、技工器材、資材を一堂に集めました。また書籍も医歯学、専門書、歯科技工関連書を、所蔵されています。

「みらい館」は名の通り史料を通じて歯科技工の技術文化を伝承する目的で造られたものです。これらの展示物は過去の積み重ねの所蔵物であり、先人の残した遺産であります。
技術歴史の世界では、後人の仕事はあくまでも先人の継続であり、先人の残した技術の遺産をひもとき、後人の技術向上と発展の原動力として活用していただき。次代を担う歯科技工士の精神あふれる人材を育てる良き教材になることを思います。
また、和田精密歯研の歴史も証言されています。
どうぞ歯科技工士、歯科関連のみならず、一般の方々にもご観覧下さいませ。
ご来館お待ちしております。