HOME > 塩田博文先生による保険義歯臨床のワンポイント講座
塩田博文先生による保険義歯臨床のワンポイント講座
 
マーキング転写

 前回と同じ内容のことを再度発信させていただきます。
 発赤部、Dulの部位をマーキングし、それを義歯に転写して削ることをしない先生もおられますが、かなり熟練されている術者でもうまくいかないことが多いです。
 時に術者である歯科医師が患者であっても同様で、この転写でなく「…だろう」で削ることはとてもキケンで、正しくその当たっている部位を明確に特定することは困難です。
 ゲーム的ですが、当たっていると思われる箇所を患者さんにマジックでマーキングしていただくこともあります。たいがい当たりません。従って、自分で削ったりはしない方が良いと諭すことができます。
 アンダーカット部の当たりはもちろん、フレアーに削らなければ、出し入れだけでなく、咬合し動いた時に痛いものです。義歯は動かない様に作ろうとしますが、動かない様には出来ず、動いた時に当たらない様に作るという考え方をするべきです。
 つまり、マーキング部位から義歯の動きを考慮して、その動きに対応する範囲まで削ることも大切です。

当たっていると思われる部位を患者さんにマジックにてマーキングしてもらう。 比較的キレイに書かれてオドロキました。

しかしながら粘膜のDUL部をマーキングして転写しましたら、いつもの様に違う箇所でした。

pagetop