HOME > 塩田博文先生による保険義歯臨床のワンポイント講座
塩田博文先生による保険義歯臨床のワンポイント講座
 
試適

 よく質問されることの一つに、試適時にリマウントとして「軟パラ」をされるのですか?と聞かれることがあります。その時は、もちろんされた方が良いと即答します。

 Wax dentureの試適時にリマウントをすることが、傷を深くすることなく効率的診療をしていく上ではポイントとなります。このWax dentureはしっかりした咬合床なくしては適切な上下関係は読めないので、咬合床のついたWax dentureでなければならないと思います。

 時に二度することもあろうかと思いますが・・・。あまり技工士さんに苦労をかけない咬合採得を心掛けることが肝要です。この試適時にあっと驚く様な上下関係だった時にラッキーと思えるようになれば義歯作りも楽しくなります。
 このひと手間が臨床を面白いものにします。信用も得られ、歯科医師になって良かったと思えます。

 本来ならWax dentureでケース紹介するところですが、仕上がった義歯の調整という症例をプレゼンテーションします。

 Wax dentureで不適切と読めば、再排列をすることになります。この方が傷が深くなくフォローできます。咬合採得の誤りをこの時点でキャンセルするのが合理的です。
 仕上がった義歯の削合も大変ですが、時に再排列となれば院内の技工では無理ですし、それは技工士さんにも多大な迷惑をおかけすることになります。実は本ケースは二度のリマウントをしておりまして、一度目は咬合高径を下げたり、人工歯の移動もしたりと大変苦労しておりますが、予後が良くほっとしました。


軟化パラフィンワックス臼歯部咬合法のBT

キサンタノを用いて咬合器にマウント

軟パラBTを取り除いたところ

前歯部が咬合していない

削合調整

pagetop