HOME > イベント情報 > 今井守夫先生講演会
イベント情報 一覧に戻る

今井守夫先生講演会

カテゴリ 地域 中国 ・岡山 開催日
2019年9月 8日

  

 超高齢社会がさらに深まる昨今、口腔インプラント学は飛躍的な進化を遂げ、より安全・確実な施術が可能となり、欠損補綴に対するアプローチの選択肢は大きく広がりました。しかし、高齢になるほど老人特有の疾病や要介護状態となりやすく、私自身もインプラント治療を行う中、全ての患者にインプラント治療を行う訳には参りません。むしろ超高齢化を背景とした義歯に対するニーズは今後も高まる一方であると思われます。そのような中、義歯は難しいなどの理由で安易にインプラント治療に傾き、結果としてマスコミのインプラントバッシングにみられる社会的制裁を受けるケースも決して少なくない印象を持ちます。

    私はこのようなインプラント治療隆盛の中、年金の問題等社会的情勢にも鑑み、多数の老人が望む負担費用の少ない義歯作製にも力を注いで参りました。そして、先人達が積み上げてきた義歯製作法の基本を守りつつも、これまでの臨床経験を加味した義歯製作法を構築してきました。その吸着性から”すっぽん”のように一度食らいついたら外れない「すっぽんデンチャー」と名付けられた当院の総義歯は、これまで1,000症例以上を数え、評判が評判を呼ぶ義歯となっています。保険範囲内の総義歯でも十分な吸着が得られ、リンゴさえも丸かじりできる総義歯と自負しています。上顎総義歯の吸着は当然のこととして、特に下顎総義歯難症例に対する吸着には自信を有し、その経験から義歯治療の評価は歯科医師ではなく、「痛くない」「何でも噛める」「外れない」など患者満足度によって判断されるものと考えます。


    本実技コースの講演の部では、無歯顎患者を対象とした診査診断、スナップ印象、個人トレーによる概形印象、咬合採得、人工歯排列、咬座印象の講義をベーシックセミナー以上に深く追求して行います。ハンズオンの部では、無歯顎模型を用いた「イソギンチャク」の作製・調整実習を行います。また、受講生の皆様にあらかじめご自身の下顎模型をご用意いただき作製した個人トレーを使用し、吸着のキモである舌小帯部の調整と印象実習を3人1組となり相互に行います。少人数制による密度の高いセミナーとなっています。

    要所要所で、その勘所を可能な限り詳しく解説する予定ですので、すっぽんデンチャーの理解をさらに深めていただけるものと考えます。本実技コースが明日からの臨床に、少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

    参考までに「今井式すっぽんデンチャー」とYou Tube による動画を検索してください。私の総義歯に対する考えの一端がご理解頂けるものと思います。

    
<チラシのダウンロードはこちら>
  
開催日  2019年9月8日(日) 9:00 ~ 16:00 (昼食付)
会場  和田精密歯研株式会社 岡山営業所 セミナールーム
定員  15名様
持参品  白衣、グローブ、マスク、
 ご自身の下顎の石膏模型とこれを印象した既製トレー
受講料  48,000円(税込・昼食付 ※一部ランチョン形式あり)
お問合せ  和田精密歯研株式会社 岡山営業所 担当:三木
 TEL:086-898-1001 FAX:086-898-1011

 

pagetop