HOME > イベント情報 > 冨士谷盛興先生講演会
イベント情報 一覧に戻る

冨士谷盛興先生講演会

カテゴリ 地域 中国 ・広島 開催日
2018年5月20日

 レジン修復やセラミック修復では、接着材の使用が必須であることは言うまでもありません。このような接着修復で駆使されるボンディング材は、今やワンステップタイプが主流です。しかし、「接着は大丈夫?」といった潜在的な意識があるのも事実と思います。最近では、「ユニバーサル」タイプのものも人気ですが、「何がユニバーサルなの?」と迷われている先生方も多いかと思います。
 また、CAD/CAM冠の保険収載により、自己接着型(セルフアドヒーシブタイプ)のレジンセメントが注目されています。冠が外れる、割れるといった事故も多く、セラミックプライマーや修復用ボンドを併用した確実な装着が求められています。
 一方、支台築造の定番であったメタルコアが否定され、接着を活かして歯根を守ろうという大きな潮流もあり、一般臨床では混乱が生じています。
本講演では、何をどう使えば良いの?最新の接着臨床はどうなっているの?という先生方の日々の疑問にお応えします。
 
Part-1 割れない、外れないCAD/CAMレジン冠、オールセラミック冠!
-CAD/CAM冠が割れる、外れる理由とその対策
−自己接着型(Self-adhesive)レジンセメントを整理しよう
−セラミックプライマーを正しく使おう
−被着面処理を正しく、的確に行おう
−修復用ボンドとSAレジンセメントの併用でワンランク上の接着
Part-2 ユニバーサルタイプワンステップボンドを活かす!
−確実に接着させるテクニック5か条をマスターする
−ユニバーサルボンドの2つの意味と「0秒」「強圧エア」の危険な罠
Part-3 知らないとマズい!最新の接着臨床
★歯根破折を防ぐモノブロック修復
−ワンランク上の接着を活かした簡易な臼歯審美修復法
★ファイバーポスト/レジンコアは必要か?
−各社直接築造用レジンとすぐに支台歯形成できる確実な接着
★失敗しないポーセレンラミネートベニア
−割れない、外れないための勘所とTEK(TeC)のうまい調製法
 
<チラシのダウンロードはこちら>
  
開催日 2018年5月20日(日) 10:00 ~ 16:30
会場 和田精密歯研株式会社 広島事業所 セミナールーム
定員 30名様
受講料 17,280円(税込・昼食付)
お問合せ 和田精密歯研株式会社 広島営業所 担当:江木・村上
 TEL:082-508-1081 FAX:082-508-1089
pagetop